Loading...

iroherb

iroherb-map facebook インスタグラム
diary
アーカイブ : 2018年 1月
2018.01.20  diary, iroherb cafe

こんにちはiroherbです

 

 

今日はあたたかくとても過ごしやすい1日でしたね

もうすぐ寒波到来との噂もありますが 栄養価の高い美味しものをいただいてこの寒波も乗り切りたいですね

 

 

ところで最近 iroherb cafe では 焼き菓子をお出ししております

今一番のおすすめはフィナンシェ!

 

 

先日 安納芋のフィナンシェについてお伝えしましたが ランチのデザートとなって再登場です

IMG_6445

 

 

北海道バターをたっぷり使用した贅沢なフィナンシェ

フィナンシェは焼いて直ぐより 翌日以降に食べていただくとしっとり感が増しておすすめです

IMG_6418

 

 

たくさん焼いて寝かしております

IMG_6420

 

テイクアウトもできますので お気軽にスタッフへお知らせください

 

 

iroherb

2018.01.16  diary

ついこの間新年のごあいさつをしたと思ったら

あっという間に2018年も半月が経ちました。

 

まだまだ寒い日が続く1月ですがいかが過ごされてますか。

shopには今年ぜひ使っていただきたいアイテム『錫(すず)』の器たちが入荷しています。

 

 

ドラえもんの作者である藤子F不二雄さんの生まれ故郷富山県高岡市。

昔から鋳物の生産がとても盛んで「ものづくりのまち」と呼ばれています。

 

そんな文化のある高岡市に

創業100周年を迎えた鋳物製造メーカー「能作」があります。

 

 

about

 

 

仏具、茶道具、花器の製造が中心でしたが近年はテーブルウェアや風鈴などが人気で

海外でも取扱いが増えています。

 

 

material_img3

 

 

 

錫(すず)の器に入れた水は腐らない、お酒の雑味が抜けて美味しくなるなどとよく言われます。

 

酸化しにくく 抗菌作用が強いという特性があるからですね。

 

 

 

26909715_1060184397457936_485432168_o  26909851_1060184387457937_1725167922_o

 

 

 

 

ビアカップやぐい呑はお酒が楽しくなりそうです。

 

 

 

 

 

また、純度100%の錫(すず)は柔らかく、手で容易に曲げることができます。

通常は、仕上げ加工をしやすくするために他の金属材料をくわえて硬くしますが

能作は純度100%にこだわっています。

 

 

 

material_img.4jpg

 

 

 

 

 

曲げる時にピキピキという高い音は、分子が擦れ合う音で

“錫鳴き”と呼ばれており金属の風合いでありながらも人肌に馴染む感覚があります。

 

 

 

26941368_1060184370791272_1873670543_o 26982407_1060184494124593_647171887_o 26981759_1060184230791286_2068698231_o

 

 

 

 

器や花器など毎日の生活に輝きがプラスされますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“新しい”や“古い”だけでない本質が見える『能作』

取り入れたら毎日の生活が少しだけ変わりそうです。

 

 

 

職人から職人へと受け継がれてきた高度な技術や知恵、伝統の精神を

shopで是非ご覧くださいませ。

 

 

 

 

material_img22

 

 

 

iroherb

 

2018.01.13  diary, iroherb cafe

こんにちは、iroherbです

 

先日、ランチを食べて頂いたお客様から、

嬉しい絵ハガキを頂きました

20180113-1

 

スタッフが食事後にテーブルの上にひっそりと置かれてある

絵ハガキを発見!

嬉しさにスタッフ一同感動しました

N様ありがとうございました

 

このようにお客様から 直にお喜びの声を聞くことが

私たちの一番の励みとなります

 

 

 

これからもiroherb cafeでは

みなさんの食の楽しみを広げていけるよう

新しいことにトライしていこうと思います

 

そんな中 iroherb cafe では

今日から焼き菓子の販売を始めました

20180113-4

数量限定ですが、今日の焼き菓子は「安納芋のフィナンシェ」!!

1個 税込み330円 です

安納芋の自然の甘みを活かしたレシピをシェフが一から考案しました

しっとりとしていて おすすめです!(^^)!

 

20180113-320180113-2

テイクアウトもできますのでお気軽にお立ち寄りください

スタッフ一同お待ちしております

 

 

 

iroherb

 

 

 

2018.01.06  diary, iroherb cafe

こんにちは iroherbです。

 

お正月も過ぎ、2018年という新たな幕開けに、皆さんの新しい挑戦も始まっているのではないでしょうか?

 

iroherb cafeも2018年から新たな挑戦を始めています。

この1月からランチには自家製のパンを、ケーキプレートとテイクアウトには自家製のケーキをお出しすることになりました。

 

 

パンは、まるパン(ロールパン生地)&ゴマエピ(フランスパン生地)の2種類

自家製パン

 

 

ケーキはオレオを使ったレアチーズケーキ&ガトーショコラ&本日のタルトの3種類を手作りしています。

レアチーズケーキ  ガトーショコラ ブルーベリークラフティ

ホームメイドですので、毎日、同じものとはいかないかもしれませんが、お客様の「食」の時間に、ほんの少しでも ”にっこり(*^_^*)” できる食べ物を提供できたらとスタッフ一同願っております。

 

 

また、ランチの前菜も今月から変更しております。

前菜

アンチョビとニンニクマヨネーズソースの小さなサラダ

チーズ味のグジェール

大根のコンソメ煮

チリコンカン

 

近々ランチのメインについても変更する予定です。

 

 

iroherb cafeの2018年の新たな挑戦を楽しみにしていただけると嬉しいです。

cafe

 

 

iroherb

 

 

 

 

 

2018.01.05  diary

雨が降る2018年の始まりでしたね。

今日が初出勤の方も多かったのではないでしょうか。

 

 

 

s__22A3336

 

 

 

 

 

iroherbのお正月はご近所の方に竹を分けていただき店内を飾りました。

 

 

 

 

 

 

180104-172256

 

 

 

 

竹が縁起が良いと言われる理由があります。

 

 

竹は寒い冬にも葉を落とさずに青々としており

嵐の中でも折れないたたずまいや、曲がらずに真っすぐ成長する姿から、

「生命力」や「成長」の象徴とされてきました。

 

 

また、竹には節があり、その節目節目に、真っすぐに成長するよう思いが込められており、

新年を迎えるにはぴったりです。

 

 

 

日本人は昔から竹にそんな願いを込めて飾ってきました。

 

 

 

 

 

 

180104-171705

 

 

 

 

 

他にも

 

 

「南天」・・・難を転ずるとして縁起物

 

180104-172529

 

 

松・・・一年中葉を落とさない永遠の命の象徴

180104-172641

 

 

 

 

 

 

物事にはちゃんと意味があって使われています。
意味を知ることで暮らしや自分の思いも変化しそうですね。

iroherbでは2018年もみな様の暮らしがより豊かに楽しくなるよう

物事の背景や文化もしっかり届け致します。

 

 

 

 

 

iroherb