Loading...

iroherb

iroherb-map facebook インスタグラム
blog
2017.09.23  diary

今日は秋分の日ですね。

1年の中で昼と夜の長さが半分はんぶんの日。

これから毎日1分5秒づつ日が短くなり夜の時間がだんだん長くなります。

 

 

 

lua-outono

 

 

 

 

 

これから迎える秋の夜長を照らすのに、ストーリー性のある照明器具はいかがでしょうか。

照明は、お部屋の空気感を決めるインテリアの要と言っても過言ではありません。

 

 

 

ルイス・ポールセン

 

 

 

 

最近では、和紙や樹脂・鋼板の他に木やメタル、レザー、キャンパス素材など

様々な素材を自由なデザインで作られています。

 

 

 

 

また、北欧のPHランプを始めとする数々のロングセラー照明も

今なお普遍的な光と存在感を放っています。

 

 

SONY DSC 170916-185518 21931718_998041087005601_1778004436_o

 

 

 

 

 

 

昼はオブジェとして、夜は光と影が周囲の印象をがらりとかえてしまう。

やはり照明はインテリアの要ですね。

 

 

 

 

 

170915-161050  170916-184315

 

 

 

 

 

好きな照明器具を選び、

おしゃれなライティングで秋の夜長を過ごす…

 

 

 

170916-190733

 

 

 

簡単なようでなんだかとっても難しいですね。

 

 

 

iroherb shopにも照明器具を展示しておりますが、お部屋に吊ったイメージが分からない、

光の雰囲気が分からないなどのお声をうかがいます。

 

 

170915-160930

 

 

 

 

そこでおすすめなのが、iroherbで開催中のイベント「だれと愉しむ?十五夜」の中で

家とあかりのトークライブを計画しております。

 

 

 

171004_十五夜イベント_Instagram

 

 

 

錦帯橋のライトアップも手掛けたライティングスタジオ「あかりや」さんをお迎えし

トークライブを開催します。

 

 

 

照明に興味はあるけど本格的な勉強はちょっと・・・・

という方に、shop隣のモデルハウスをいつもと変えたライティングにして、

あかりの変化をご体感いただきながら、楽しく聞いていただけます。

 

 

FASTA夜景 170916-185148 170916-184652

 

 

 

これからお家づくりを計画される方や今のお部屋のあかりをちょっと変えたいなと思ってる方、

インテリアに興味がある方などにとっても楽しいイベントになっています。

 

 

 

詳しい内容・お申込み先はこちらをご覧ください。

 

 

秋の夜長はトークライブに参加してみませんか?

 

 

 

 

iroherb

 

 

 

 

 

 

 

2017.09.18  diary, iroherb cafe

 

こんにちわ、 iroherb です。

 

 

今日は台風が去ったあとで、とてもきれいな青空

でしたね。

お出掛けするには、ちょうどいい天気でした。

 

今日は、ランチコースの期間限定のデザートを

ご紹介します。

”抹茶のババロア 柿のシャーベット”

 

SONY DSC

 

香りのいい抹茶のババロアに小豆のソースを

ひろげ、もちもちのお月見団子をトッピング

しました。

優しい甘さの柿のシャーベットはきれいな満月を

イメージして添えました。

 

この期間中にぜひiroherbランチコースを

お楽しみください。

 

 

iroherb

 

2017.09.15  diary, event

こんにちは

今日は風が強く、大きな台風が近づいていますね。

この連休、特に日曜日は

台風が一番接近する予報ですので

皆さま、くれぐれもお気を付けくださいね。

21731243_671485219728858_1094458170757639092_n

 

今回はお月見の意味と、なぜiroherbでしようと思ったのかを

少し長くなりますがご紹介致します。

 

————————————————————————————

 

十五夜は日本に昔からある行事ですが

中国の唐の時代の文化が日本に伝承したといわれ

日本には、平安時代に遣唐使によって伝えられたといわれています。

 

お月見の意味は

・最も美しく見える季節に月を鑑賞する、愛でる

・月に感謝する (月明りが照明になり、農作業ができたことに感謝)

・農作物の豊作の祈願と、収穫を感謝する

という意味があります。

 

お供えものにも、それぞれ意味があり

23_01 th

お団子

➡豊作の祈願と収穫の感謝をする為、お米を使って月に似せた団子を作りお供えをしていました。

十五夜の別名は「芋名月」。

その時期が旬の芋類の収穫を祝う行事でもあるので、里芋やさつま芋などをお供えする風習もあります。

すすき

稲穂に似ていることから、お米の豊作を願い飾られます。

すすきの鋭い切り口が魔除けとされ、お月見の後

軒先に吊るしておく風習もあるそうです。地域によっては、すすきではなく稲穂を飾るところもあります。

 

 

ハロウィンの語源も本来は「秋の収穫感謝祭」なので

形は違えど、10月は世界中で作物の収穫時期

収穫できたことに感謝するという想いは変わりませんね( ◠‿◠ )

25654002100

 

次はなぜiroherbで、イベントを行おうと思ったのか?

 

————————————————————————

お月見をしている風景

皆さんはどんな風景が思い浮かびますか?

 

個人的には

縁側に座って

お団子を食べながら月を眺めるっていうシーン。

これは絵本で見たのか、小さなころの記憶なのかわかりませんが

家族や大切な人、ご近所のひとが

ひとつの家に集まって

秋の月を、星の美しさを愛でるという風景が目に浮かびます。

 

 

その場にはあたたかい空気が流れ

ひととのつながりがあります。

 

 

 

さて現代のくらしはどうでしょうか?

 

平屋の作りから、いまでは2.3階建ての家が普通になり

ひととの住む距離は近くなるものの

ご近所での関わりは少なくなりました。

pic_bill16_01

 

昔は夜空がいちばん明るかった

いまでは建物が増え、夜でも街は明るい。

家に人を招かなくても、外で集まる場所がたくさんできました。

thP6WCIWY1

 

それが今のくらし

そして

その暮らしとともに

人を招いてもてなすという文化も徐々に少なくなってきました。

 

o160012001315233757719 t02200250_0553062912019325144

北欧では

日照時間が少なく、家ですごす時間が多いので

内装や色にこだわり

照明のあかり、家具にもこだわり

お気に入りの空間を作る方が多いです。

そして、自慢のお家を是非見てってちょうだいという方が多いですね。

 

 

日本と北欧では環境やライフスタイルも違いますが

家にこだわりをもつということ。

家具や照明、小物、食器

なにかにこだわりを持つとそれを誰かに見せたくなる

家に呼びたくなる。招きたくなる。

せっかく家にきてもらうなら、楽しんでもらいたい

おもてなしをしたい!

 

日本ではそういう想いをもつ方は

年々少なくなってきているようです。

 

家だけではなく

毎日のくらしにもこだわりをもつ=お気に入りをつくる

それは一種の個性として

“自分らしさ”となります。

 

家もくらしも楽しむ

興味をもつことで

毎日がより楽しくなる。

 

 

この秋は

お月見を楽しむ以外にも

だれかを家に招いてみませんか?

お部屋を片づけたり、お皿を用意したり、ごはんを考えたり

家に招くことは前準備が大変ですが

どうすれば喜んでもらえるんだろう?って考えながら

準備するのはちょっと楽しくないですか?^^

きっといまよりも

ひとひととの距離はちぢまるはずです。

そして、前よりも家のことが好きになるのではないでしょうか。

 

th60D0FH3N

 

文化をしるということ

昔の人たちのライフスタイルをしるということ

いまの自分のライフスタイルを考えるということ

 

iroherbは

そんなきっかけにちょっとでもなればという想いで

OPENしました。

 

catheader_cover_armchair

十五夜のイベントをきっかけに

二周年にむけて

この秋は、よりくらしを豊かにしてくれるようなイベントを企画しておりますので

是非楽しみにしていてくださいね。

 

 

2017.09.11  diary, iroherb cafe

こんにちわ、iroherbです。

 

今日は少し雨が降り、草や木の香りがする日でした。

夜には秋の虫の声も聞こえてくるようになりましたね。

 

 

さて、、、iroherb cafeでは、ランチコースの魚料理が一新しました。

 

 

170901-153328

 

『サーモンのポワレ 焼きナスのキャビア風とアンティボワーズソース』

です。

 

香ばしく焼き上げたサーモンに、芳しい焼きナスとドライトマトで作ったキャビア風と

フレッシュなトマトとハーブを合わせた爽やかなアンティボワーズソースを添えました。

 

iroherb cafeにお越しの際は、ぜひご賞味ください。

 

 

 

iroherb

2017.09.09  diary, event

こんにちは。

朝晩はすっかり涼しくなってきましたね。

これからどんどん紅葉が深まっていくのが楽しみです(^^)

 

 

iroherbでは、現在「iroherb × 十五夜」のイベントが始まっています。

21231675_1383168208463193_7236802495845275349_n

 

秋の俳句の季語は『月』のように

古くから月は人々に深く愛されていました。

短歌でも月を読む句は多いです。

 

有名なものだと

・名月も 取ってくれろと 泣く子かな /小林一茶

・天の海に 雲の波立ち 月の舟 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ /万葉集 柿本人麻呂

 

thEUAQSSLE

秋の月は四季の中でも

一番美しく見えるといいますが

そもそもなぜ美しく見えるのでしょうか?

 

iroherbでは

十五夜のイベントを行うにあたり

今日はそこからお話しできたらなと思います。

 

———————————————————————–

 

秋になると

風がすこしひんやりと

そしてひんやりとした空気は夏と違い

どこかカラっとした感触があります。

乾燥の季節が始まりますね。

9月から徐々に、女性は特に“保湿”ワードに敏感になる頃だと思います。

 

 

夏と秋との違いは、気温・天候の違いもありますが

大気が含む水分量も変わります。

 

水分量

日本の夏は蒸し暑く、湿度が高いです。

人は光を網膜で感じとり、モノをみています。

大気中の水分量が多くなると、その光が進む道を水分子にあたり散乱。

その現象がその地域全体でおこると、遠くの景色がぼやけ大気が白っぽく見えます。

 

img3883701dzik8zj

 

逆に冬は気温も湿度も低いので

光の散乱が少なく、はっきりと景色を見せてくれます。

台風の影響もあり、前半は雨の日も多いですが

雨が大気中のちりを浄化してくれるので

雨が降ったあとには

より澄んだ空気とうつくしい景色を私たちに見せてくれます。

 

 

月がいつもよりもはっきり見えるのは

そんな理由があったんですね。

 

 

星がすくない

秋の夜空は明るい星たちが少ないので

月の明るさが際立ちます。

 

秋は月

moon-1108686_960_720

冬は星

Nueva_Zelanda_02552

 

というように

 

冬になると、明るい一等星たちが多く

一年の中で一番、星空がうつくしく見える季節です。

冬の星座といえば、オリオン座、冬の大三角形が有名ですね(^^)/

 

winmap12

秋の夜空は

ほかのものに邪魔されず、集中してみることができます。

 

月の高さ

あとは高度の違い。

見える位置も大事です。

位置が低ければ、空気中のちりや他の明かりの影響を受けぼやけてしまい

高ければ高いほど、影響が少なくきれいに見えます。

しかし、長時間見るとなると体制が厳しい。

 

秋はちょうどその真ん中の高さ。

見やすく、キレイに見える高さなので

皆がゆっくり長く、月を楽しめる時間へとなっていたんですね。

 

時間 夏至 2017/6/21 十五夜 2017/10/04 冬至 2017/12/22
19時 -30.6031 20.5223 16.4417
20時 -37.7112 31.4001 6.0796
21時 -41.9771 40.8775 -51.673
22時 -42.6091 47.9334 -16.8684
23時 -39.4874 51.1550 -28.7298
24時 -33.2206 49.5798 -40.5616

※月の位置計算 山口県岩国で検索した月の高度の値(℃)

 

lua-outono

 

そして、この明るさが

秋の夜長、電気もない時代

人々の夜の時間をやさしく照らしてくれたといわれています。

いまでは灯りがある生活が当たり前ですが

十五夜の美しい月明かりは、人々の心も癒してくれたんだろうな。

 

 

こうやって考えてみると

満月の日、十五夜は家の電気をけして、月明りを楽しみたくなりますね( ◠‿◠ )

 

 

次回はなぜ、iroherb でイベントをしようと思ったか。

十五夜の由来も合わせてご説明できたらなと思います。

 

 

2017.09.04  diary, iroherb cafe

 

こんにちわ、iroherb です。

 

 

今日は曇り空で少し雨が降りましたね。

だいぶ過ごしやすくなり、天気の良い日は

ドライブに行きたくなる季節がやってきました。

 

 

さて、、、iroherb cafe のデザートプレートに大人気の

モンブランが帰ってきました!

 

170803-173818

 

名前の由来はアルプス山脈のモンブランであり、

山の形に似せて作ったことからこう呼ばれて

いるそうです。

ぜひドライブの休憩にお立ち寄りください!!

 

 

iroherb

 

 

2017.09.02  diary, iroherb shop

 

 

だいぶ暑さが残っているとはいえ

過ごしやすく秋っぽさが増してきました。

 

 

夏に疲れた身体をいたわりたくなります。

そんな時にぴったりのドリンクをご紹介しますね。

 

 

 

“ハーブコーディアル”という飲み物をご存知ですか?

 

 

21291824_987599861383057_243774603_n

 

 

 

ハーブや果物から抽出してハチミツやシロップを加えたイギリス生まれの飲み物です。

原液のままでは濃いので、お湯や炭酸水で割って飲むのが一般的です。

 

 

 

 

 

21269785_987605801382463_1724254912_n21322960_987606721382371_1608699452_n

 

 

 

 

古くはヴィクトリア王朝時代から1000年以上の時を経て飲み継がれています。

 

 

 

 

コーディアルには、ハーブに含まれるビタミンやミネラルといった栄養素がたっぷり凝縮。

健康維持や美容効果が期待できます。

 

 

ba6869a4685306ee63abc85fad0b7eac_t

 

 

甘みや酸味がありとても飲みやすいので、

ハーブティーが苦手という方も美味しく取り入れることができるのも魅力の一つです。

 

 

 

また、飲み方のバリエーションも幅広く自分好みにアレンジできます。

 

 

 

お湯や炭酸だけでなく、ジュースや紅茶で割ったり、ヨーグルトやアイスにかけてもとっても美味しいです。

お酒が好きな方はお酒と割ってカクテルとして楽しむことができます。

 

 

 

 

yogurt-1786329_960_720

 

 

 

健康の為、美容の為に市販で売られてるハーブコーディアルを取り入れてる方も多いのではないでしょうか。

 

そんなコーディアルをiroherbでは手作りするワークショップを開催予定です。

 

 

岩国市在住の「宮部 てつお」先生を講師にお迎えします。

 

現在yab 山口朝日放送の「ひるくる!」のレギュラーMCも務めてらっしゃる

アロマセラピー界ではとてもめずらしい男性セラピストです。

 

 

 

20939006_1220034681434408_451420839_n

 

 

 

 

当日は爆笑のトークとハーブのことを学びながらコーディアルを作ります。

 

 

 

21268855_987601994716177_898075090_n

 

 

 

 

一度作り方をマスターすれば、

ご自分の身体に合ったハーブを選んだりお好みの甘さに調整できます。

※市販のものは甘さが強めの物が多い

 

 

 

 

20623909_1205105749593968_939059861_n20624660_1205105812927295_1185022143_n

 

 

 

 

 

 

とってもめずらしいワークショップなので

ご興味ある方は是非チェックしてみてくださいね

↓↓↓

詳細はこちら

 

 

 

iroherb

 

 

 

 

 

2017.08.28  diary, iroherb cafe

こんにちわ、iroherbです。

 

一昨日、昨日と少し涼しくて秋を感じることができましたが

今日は、朝から日差しが強く夏らしい暑さを感じましたね。

 

さて、iroherbでは9月から新メニューのドリンクが期間限定で登場します!

『プラムスカッシュ』です!

 

170806-154427

 

梅の味わいを凝縮したシロップと爽快な炭酸で作ったノンアルコール梅ソーダ

アクセントのライムの香りが上品に広がります。

梅にはクエン酸が多く含まれているので

疲労回復や夏バテ防止などに効果があります。

 

iroherb cafeにお越しの際はぜひプラムスカッシュをご賞味ください!

 

 

 

iroherb