Loading...

山口県岩国市、カフェ・家具・雑貨・ベーカリーのある複合施設 | イロハーブ

iroherb-map facebook インスタグラム
blog
2018.01.05  diary

雨が降る2018年の始まりでしたね。

今日が初出勤の方も多かったのではないでしょうか。

 

 

 

s__22A3336

 

 

 

 

 

iroherbのお正月はご近所の方に竹を分けていただき店内を飾りました。

 

 

 

 

 

 

180104-172256

 

 

 

 

竹が縁起が良いと言われる理由があります。

 

 

竹は寒い冬にも葉を落とさずに青々としており

嵐の中でも折れないたたずまいや、曲がらずに真っすぐ成長する姿から、

「生命力」や「成長」の象徴とされてきました。

 

 

また、竹には節があり、その節目節目に、真っすぐに成長するよう思いが込められており、

新年を迎えるにはぴったりです。

 

 

 

日本人は昔から竹にそんな願いを込めて飾ってきました。

 

 

 

 

 

 

180104-171705

 

 

 

 

 

他にも

 

 

「南天」・・・難を転ずるとして縁起物

 

180104-172529

 

 

松・・・一年中葉を落とさない永遠の命の象徴

180104-172641

 

 

 

 

 

 

物事にはちゃんと意味があって使われています。
意味を知ることで暮らしや自分の思いも変化しそうですね。

iroherbでは2018年もみな様の暮らしがより豊かに楽しくなるよう

物事の背景や文化もしっかり届け致します。

 

 

 

 

 

iroherb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.28  diary, iroherb cafe, iroherb shop

こんにちわ。

 

12月28日木曜日

2017年度のiroherbの最終営業日となりました。

 

26055708_1488275877952425_1850044725888981864_n

 

夜には

カフェにて、年末をしめくくるのにぴったりな

『Sound   in the Midori 』が行われました‼

 

171228-175724

 

greenに囲まれながら

飲み物を片手に

しっとりしたジャズ耳をかたむける時間。

最高の時間ですね。

 

SONY DSC SONY DSC

 

SONY DSC SONY DSC

 

お忙しい中

たくさんのお客様にご来店いただき、ありがとうございます。

 

171228-182104 171228-181017

 

 

2016年のGWにOPENして

iroherbは2回目となる年末を迎えます。

 

師走は忙しいですが

1年の中で1番お世話になった方々のお顔を

思い浮かべる月

 

今年もたくさんのお客様に、iroherbへお越しいただきました。

はじめてのお客様から

オープンしてからずっとご来店くださるお客様まで。

地元の由宇の方から、遠くは北海道からという方もいらっしゃいました。

日々iroherbにご来店くださるお客様に

心より感謝申し上げます。

 

s_1103_002

新年は1月3日(水)からオープン致します。

 

2018年もお客様のくらしを提案する場所として

愉しんでいただけるよう

スタッフ一同より一層邁進してまいります!!

来年は“食”に関する新たなプロジェクトが

施設内にできる予定ですよ(^^)

楽しみにしていてください。

 

本日出勤のiroherbのスタッフたち

26001110_1488276057952407_2171867795236932360_n 25994962_1488276087952404_8106521527569857003_n

26055605_1488276174619062_8148193220467352123_n 26168030_1488276017952411_2278756024503195469_n

 

本年も一年間iroherbをご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

来る年もかわらぬご愛顧を賜りますよう

心よりお願い申し上げます。

 

iroherb スタッフ一同

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.22  diary, iroherb shop

こんにちわ。

 

あっという間に、今年も残すところあと9日ですね‼‼

こんな会話を毎年つぶやきながら、時が過ぎますが

やっぱり今年も、師走は時が過ぎるのがはやいですね。

 

25398659_709318382612208_5806450235255500944_n

 

2018年にむけ

新年を迎えるにあたり気持ちを晴れやかにしてくれる

素敵なぐい呑みやお皿が、ショップに入荷しました‼

 

以前、風鈴でもご紹介をしたのことのある富山県高岡市にある能作 →ブログ

高岡市の伝統産業である「鋳物」の加工技術で培われた鋳造技術をもとにつくられる

様々な商品は日本だけでなく、世界中から注目を集めています。

 

今回はその能作の商品から、全て錫をつかった器たちが届きました。

 

———————————————————————————–

◆錫とは

 

material_img

 

金、銀に次ぐ高価な金属で、抗菌作用が強く、酸化しにくい素材です。

紀元前1500年頃の古代エジプト王朝で錫の道具が用いられ、日本でも正倉院に錫製の宝物が納められています。

また、錫の器に入れた水は腐らない、お酒がまろやかになると言われ、古くから酒器や茶器などに

使われていました。能作の錫は、純度100%です。通常は硬度を持たせるために他の金属を加えますが

能作の錫はそれらを一切含みません。

100%の錫は柔らかく、形状や厚さにもよりますが手で容易に曲げることができます。

曲げる時にピキピキと音がしますが

これは錫の分子が擦れ合う音でTin Cryと呼ばれています。
人肌に馴染む錫を、生活の様々なシーンでお楽しみください。(能作サイトより、文章引用)

 

—————————————————————————————–

 

中でも、有名な錫をつかったお皿。

 

25508175_1483149538465059_5936978515456120482_n

 

まっ平らなお皿を曲げる時、その柔らかさにドキドキします。

ビキビキという音には、折れないかハラハラします。

でも、そんな心配は全くなく自由に形状を変化できるお皿。

錫100%だからこそできるこの動作。

その特徴を最大限にいかした職人の技術。

手に伝わる未感覚な感触は、是非お試しあれ。

 

25660047_1483149535131726_3012874571141494973_n 25550137_1483149508465062_6752340548535692614_n 25550470_1483149558465057_5106372247469328624_n

25550074_1483149601798386_5743032094696188604_n

 

◆ぐい飲み

おすすめはやはり、金箔入り。

まあるい形状の中にお酒を注げば、ゆらすと揺れる光のうつくしさ。

金箔は、金沢の伝統技術である箔職人によりあしらわれています。

一枚一枚職人の手によって貼られていく金箔。

金箔の輝きがより一層日本酒をひきたててくれます。

 

25552278_1483149495131730_1368041869506760831_n 25591751_1483149531798393_6232942325949649125_n

 

 

【 より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る 】

能作の理念です。

 

technique_img
能作はこれからも、400年続く高岡の鋳物技術を生かしながら

素材を最大限に生かしたデザインを探求し続け、進化し、伝えていきます。

その姿に我々日本人も魅せられながら、誇りに思う

世界にも伝えていきたい

“日本のすばらしい伝統技術” です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.16  diary, iroherb cafe

こんにちはiroherbです

めっきり寒くなりましたね

 

最近では会う方々皆さんと「寒いですね!」が自然と合言葉になってます

時折 カフェに降り注ぐあたたかい日差しがとても嬉しいです。

20171216-3

イロハーブカフェでは この時季デザートプレートをクリスマスバージョンでお出ししております

 

また そのほかにもご相談に応じてバースデープレートもご用意できますので ご予約の際にお伝えいただけると嬉しいです

20171216-420171216-5

 

 

そして なんと ただいま イロハーブカフェでは新しいスイーツを試作中です

20171216-220171216-1

来年1月には 皆様に披露できるように頑張っておりますので もうしばらくお待ちくださいね

皆様のご来店を心からお待ちしております

 

iroherb

 

 

 

 

 

2017.12.15  diary, iroherb shop

こんにちは

 

日々寒さが身に沁みますね。

この時期は息を吐いて白くなるかで、今の気温を感じていますが

朝晩はもちろん白いですね(;^_^A

 

 

 

先週のことになりますが、iroherbにて

「大竹和紙を使ったポチ袋」のイベントが行われました。

 

1204_大竹和紙×ポチ袋top

 

当日は大竹和紙を使い

講師の花村信子先生のもと

ポチ袋のほか、はがき、イラストを描きました。

171204-112131 171204-112300

描いていて感じたのは

和紙は繊維が生きてる、紙に表情があること。

ツルツルで表面がきれいではなく、自然の凹凸がありやさしい質感。

文字を書くことによりうまれる、かすれ具合が味をうみ

あたたかみや個性を生み出します。

171204-112806 paper1

 

 

地元で根付く伝統工芸の技

今日はそんな素敵な「大竹和紙」について、お話しをしたいと思います。

 

◆大竹和紙

 

広島県大竹市にてつくられる、大竹和紙の歴史はふかく

400年前、安土桃山時代から江戸時代初期にかけてはじまったといわれています。

和紙の原料である楮(こうぞ)は、きれいな水でしか育たないクワ科の落葉低木。

小瀬川の上流はその楮の生産に適した場所でした。

washi_03-01 washi_03-02

全盛期には、市内に1000店舗を越す製紙家がありました。

しかし

時代とともに海外から洋紙の輸入

機械導入化、オイルショック、後継者不足などが重なり

広島県内でも手漉き和紙をつくっているのは

いまでは、大竹の「おおたけ和紙手すき保存会」のみとなりました。

 

 

和紙の作り方には2種類あり

「手漉き和紙」は、人の手によって漉かれた和紙。

「機械漉き和紙」は機械で漉かれた和紙です。

近年では市場にでている和紙の約9割が、安価で大量生産が可能な機械漉き和紙です。

 

washi_make_03-01 img32

大竹和紙は手漉き和紙。

原料はいまでも変わらず、楮100%の原料に粘性を高めるためのトロロアオイのみを加え

ほぼ手作業で作られています。

和紙といっても、用途によって種類は様々。いろんな厚さのものがあります。

 

大竹といえば、鯉のぼりも有名ですが

鯉のぼり用に漉いた和紙を使い、1枚1枚手描きで作られる鯉のぼりの人気は高く

シーズンが近づくと全国から多くの注文があります。

昭和30年代には8軒の職人の家があった大竹の手描き鯉のぼりですが

現在、制作しているのは、大石雅子(おおいし・のりこ)さんのみ。

手描きで描かれる生き生きとした

色鮮やかな鯉のぼりは、必見です!!

 

washi_04-02  68_sub1-427x640

 

現在大竹には、和紙を購入できる所・見学、体験できる場所もあります。

是非、体験してみてくださいね(^^)/

 

———————————————————————————————

◆大竹手すき和紙の里 …手すきの作業風景や道具類の見学、和紙のハガキづくりが体験できます(要予約)

◆大竹和紙工房…いろいろな種類の大竹和紙のほか、工房のオリジナルグッズを販売しています。

◆広島県和紙紹介…全国から注文がある、和紙を使った手描き鯉のぼりの制作工房です。(見学希望の方は要TEL)

詳細は下記をURLを是非ご覧ください

http://otakewashi.com/washi06.html

 

———————————————————————————————–

 

手漉き和紙は、近年では世界中でも注目を集められています。

お次は、魅力についてのお話し。

 

◆手漉き和紙

①丈夫さ

和紙の文化は中国から、3.4世紀ごろに伝わってきた文化といわれています。

その後、独自の進化を遂げ

日本の手漉き和紙は、いまでは世界一丈夫な紙といわれています。

 

違いを生んだのは「流れ漉き」という手法

日本のオリジナルの手法で

流れ漉きは「ねり」と呼ばれる粘液を原料と混ぜ

その紙料液を揺り動かして繊維同士を絡みやすくする方法。

余分な水分は抜きながら、また紙料液を汲み入れるという作業を数回繰り返します。

 

hqdefault

 

楮の長い繊維同士絡み合わすことで

より丈夫で、耐久性のある和紙へと変化します。

さらに、柿渋やこんにゃくのりなど

強度を上げるためや毛羽立ちを抑えるための材料を塗布するので、より強靭になります。

 

➁天然素材

洋紙は大量生産する為に繊維を短くして化学薬品で固め、つくられています。

手漉き和紙は、全て天然素材のみでつくられています。

 

この違いは

「洋紙は100年、和紙は1000年」といわれるように

経年変化に大きく表れます。

古来の書物がいまもなお残っているのが、よい証拠ですね。

1000年以上経過した和紙の古文書も多く残っており、一番古いもので大宝2年(702年)の戸籍に使用された和紙が正倉院に残っています。

9ed876823258fbc2ef7b065289b534d8

 

手漉き和紙には、経年劣化はほぼありません。

耐久性があり

厚さが増せば強度も増し

時間がたつにつれ、柔らかく

使うごとに味わいがでていきます。

 

③高度な技術

 

作業のほとんどが手作業で行われ。

熟練の職人技で、時間をかけて一枚一枚つくられます。

天然素材でのみ作るため、日々の環境や水にも左右されます。

大量生産はむずかしく、その分機械漉きでつくったものに比べると価格もあがります。

 

washi_make_01-03 washi_make_02-03 washi_make_03-02

 

紙は身近な存在。

しかし、当たり前にある紙の殆どが洋紙です。

でも、気がつけば和紙だってちゃんとそばにあり

半紙、折り紙、扇子、包装紙、水引、障子、襖、壁紙、照明などのインテリア

そして紙幣にも和紙が使われています。

 

98b8dda0acf8782695efbf37284fd368132c3ba5_m

 

日本に住んでいるからこそ、知らない日本のこと、地元のこと

まだまだ知らない文化や魅力がたくさんあります。

わたしたちも学びながら、

iroherbではその魅力を伝えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.09  diary, iroherb cafe

こんにちは iroherbです

 

12月に入り、一気に寒さが厳しくなってきましたね

iroherb cafeの窓際の席も少し寒く感じられるようになりました

とはいっても お客様にはiroherbの冬景色を見ていただきながらランチタイムやカフェタイムを過ごしていただきたいのでLHOMÉ(ロメ)のウール100%ブランケットを多数ご用意いたしました

LHOMÉ(ロメ)はHOMELOVEそしてフランス語のLOVÉSE LOVER(ス ロヴェ)の過去分詞形)を組み合わせた造語

で作られています

image1

膝を温かく包み込む LHOMÉのリトアニア製ウールブランケットはイタリア人の感性で仕上げられた滑らかな手触り そして洗練されたデザインが最高の品質を物語っています

 

また こちらのブランケットはiroherb shopでお買い求めいただけます

もう少し大きなサイズも販売しておりますので まずはiroherb cafeLHOMÉのブランケットを体感してみてくださいね

 

ブランケット

皆様のご来店を心からお待ちしております

iroherb

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.03  diary, event

こんにちは iroherbです

 

小春日和の休日

昨日は、イロハーブ近くの中倉地区で

「そば作りで里山を元気に!」と題して

第1回中倉そばまつりが開催されました。

 

171028_中倉そばまつり_top

 

中倉地区は人口31人の小さな集落です。

かつては農業が盛んな自然豊かな里山でした。

しかし社会環境の著しい変化と人口減少、高齢化により

里山の整備を引き継ぐ人がいなくなり

豊かな恵を育んできた里山は廃れかけていました。

 

そこで立ち上がったのが地元有志による「中倉あすなろ会」

この里山を、多くの人に知ってもらい保全していきたいと

3年前から始めたそば作りをいかして何かできないかと考えていました。

その取り組みにイロハーブで何かお手伝いは出来ないかと考え

今回のそばまつりを共催させていただくこととなりました。

 

171202-092059

 

今回の企画では日程を2回に分け、中倉地区にてそれぞれ行われました。

 

◆1回目

10月28日(土)、そば刈り体験・新米会。

 

生えている状態のそば。

粉になっている状態で見ることが多いので、とても新鮮ですね。

 

171028-092158 171028-092719

 

当日は小雨が降っていたので、カッパや傘をさして行われました。

お子様には、大人が刈り方をつたえながら刈っていきます。

最初はおぼつかないものの、少しずつ様になっていく姿がほほえましい。

 

171028-093600 171028-093512

171028-093641 171028-094754 171028-094933

 

刈り終えたら、この日は新米会として

中里で採れたお米を使った手作りのおにぎりと

採れたての山菜の天ぷらをいただきました。

一仕事した後のごはんと

中倉で採れたての新鮮な作物たちに、思わず笑顔になります。

171028-111831 171028-112215 171028-111940_2

 

◆2回目

昨日12月2日(土)、そば打ち体験が行われました。

前回刈った蕎麦から

中倉の方達がそばの実をとり、乾燥してくださった状態のそばの実を

脱穀→皮を剥く→石臼でひく → 蕎麦を打つ という流れ。

 

171202-100659 171202-094913 171202-095051

 

はじめに、そば打ち名人のお手本を見して頂き

皆で作っていきます。

 

171202-095642 171202-104845

 

お部屋の中は、香ばしいそばの香りに包まれながら

作業は進んでいきます。

 

171202-110925 171202-112727 171202-113535

171202-104528 171202-122415 171202-122353

 

さあ、出来上がり!!

「山菜の天ぷらとそば」

 

171202-122645

 

自分が収穫したそばの実からそばへ

その過程を見ながら、食べるそばはまた格別ですね!!

 

171202-122906 171202-122757 171202-122446

 

大人はもちろん、子供たちにとっても

こうやって人の手によって育てられた作物が

収穫され、形を変え、食べ物になり、食べる

知ること・体験すること

興味に繋がり

おいしさにかわり

食べることがもっと好きになる機会ではないでしょうか。

 

171202-123134

 

そんな機会をあたえてくださった

中倉の皆様に心より感謝とともに

ご参加くださった皆様ありがとうございました。

 

171028-122402

 

自然豊かで魅力がいっぱいの中倉

わたしたちも今回のイベントをきっかけに知ることができました。

イロハーブから車で10分

時には雲海も見える山の上にあります。

ここから見下ろす景色もまた素敵なんですよ。

 

雲海2(H29.9.23)

 

自給自足・作物を育てたい

自然とともに暮らす

そういったことに興味があるお客様には、是非おすすめの場所です。

もし気になる方がいらっしゃいましたら

お気軽にイロハーブスタッフまでお問い合わせください。

 

 

イロハーブでは、今後ともイベントを通して

中倉・由宇の魅力を発信をしていきたいと思います。

 

————————————————————————

PS.「食育」

イロハーブのテーマの中にある「食」

2018年は企画を色々していきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.02  diary, iroherb cafe

こんにちは、iroherbです。

 

12月に入り、冬本番ですね。

冬の朝の空は高くてとても気持ちいいです!

image8image1

 

12月ということでお店の中も

クリスマス仕様になりました(*’▽’)

 

image7image26

 

さて、

iroherb cafeでは、寒い日にぜひ飲んで頂きたい

温かい飲み物が出来ました。

 

『シナモンアップルジンジャー』

171113-165701

イギリス産の有機ジンジャーシロップと

リンゴを合わせたスパイシーなホットドリンク。

飲むと体がポカポカと温まります!

 

iroherb cafeにお越しの際は

ご賞味ください。

 

 

iroherb