Loading...

iroherb

iroherb-map facebook インスタグラム
blog
2017.11.11  diary, iroherb cafe

こんにちわ、iroherb です。

 

 

今日はすっきりと晴れて気持ちのいい天気ですね。

お店の前の木々も、秋の季節の色に染まってきました。

 

IMG_5776 IMG_5777

 

 

さて、、、iroherb cafe に

季節のデザートプレートが出来ました。

 

171006-181939

 

『リンゴとサツマイモのパイ』

です。

 

 

優しい甘さのサツマイモと

リンゴのコンポートをパイ生地で包みました。

 

iroherb cafe にお越しの際は

ぜひ

旬と旬を合わせた秋の味覚を

お楽しみください。

 

 

iroherb

 

2017.11.05  diary

こんにちは。

 

先週からスタートしたギャッベ展ですがおかげさまで大好評!!

お気に入りのギャッベを見つけられたお客様の笑顔をたくさん拝見できて私たちも幸せ気分いっぱいです!

 

 

 

171023-120318

 

 

 

 

 

 

さて、今日はインテリアとしてのギャッベの魅力をお伝えしたいと思います。

 

 

インテリアというとちょっと敷居が高いイメージをもたれる方もいらっしゃると思いますが、実はとてもシンプルで、ご自分が毎日をどう暮らしたいかという思いが形になったものがインテリアなのです。

 

 

 

 

 

お部屋に置くお気に入りのアイテムもインテリア、そう考えるとインテリアってとても簡単で身近に感じませんか?

 

 

s_0723_522    170915-161050   bluegabbeh

 

 

 

 

今回ご紹介しているギャッベも遊牧民の暮らしの道具として受け継がれてきたもので、持ち運び可能な床として遊牧先のテントの中で快適に過ごすためのインテリアなのです。

 

040123-040126

 

 

 

ただ、残念なことに私たちがテントの中でギャッベの魅力を体験するチャンスはなかなか巡ってきそうにないので、

なんとしてもイベント中にギャッベの魅力に触れていただきたいと思います。

 

 

 

私たちがギャッベのある暮らしをオススメしたいのは…

 

 

 

・ソファより床や畳の上で過ごす時間が長いという方

フカフカで居心地の良いギャッベは相性抜群です。ギャッベの上でゴロゴロしながらお昼寝なんて幸せですよね~!

 

 

171023-115218

 

 

 

・良いモノを長く大切に使いたい方

とても丈夫なギャッベは、長く使うほどにたくさんの「思い出」という価値を与えてくれます。

思い出は家族や友人だけでなく、きっとモノにも宿るはず。

 

 

 

 

 

 

171027-152356

 

 

 

 

・穏やかに暮らしたい方

ギャッベは汚れがつきにくいので「お手入れ」がとても簡単なのです。

飲み物をうっかりこぼしてしまってもティッシュなどで拭き取ればシミが残りません。

ギャッベのあるお部屋は大人にもこどもにも優しい場所になります。

 

 

170703-114927

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・お部屋を自慢したい方

ギャッベの素朴なデザインは和室、洋室を問わず馴染みやすくお部屋の景色を心地よくしてくれます。

私だったら、きっと誰かに自慢したくなってしまいます。

 

 

 

 

171027-143936

 

 

 

 

 

どうでしょう?ギャッベに興味が湧いてきましたか?

もっともっとご紹介したいギャッベの魅力はあるのですが、今回はここまでにしておきます。

イベントは11月19日(日)まで、ぜひギャッベの魅力を見つけに来てください!

 

 

 

 

171027_ギャベ展_10月26日~

 

 

 

 

iroherb

 

 

———————————————————————–

明日6日(月)~8日(水)

iroherb shopはお休みさせていただきます。

 

iroherb cafe・MIDORI通常営業

 

 

2017.11.04  diary, iroherb cafe

こんにちは、iroherbです。

 

先月は雨模様の日が多く、外出をする気になるのに、

難しい日が多かったと思います。

ですが、今回の3連休は、いい天気が続きそうですね。

 

さて、今回はお知らせが2つあります。

 

1つ目は

本日、11月4日(土)のランチタイムの

コース料理はお休みし、ハンバーグランチのみの

営業となります。

 

171019-110338

 

オープンはいつも通り11:00~17:00(ランチの営業は11:00~14:00)

お客様には、ご迷惑をおかけいたしますが、

何卒ご理解のほど

よろしくお願いいたします。

 

 

2つ目ですが

 

明日、11月5日(日)『ぱんとおと』にて

iroherb cafeで、テイクアウトのスープを販売します!

 

 

ミネストローネ_前日用[2]

 

『鶏肉と7種の野菜のミネストローネ』です!

野菜の旨みを凝縮させたミネストローネスープに、

いんげん豆、白いんげん豆、エジプト豆、レッドキドニー、

キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、

さらに、香ばしく焼き上げた鶏もも肉を加えました。

 

パンと一緒に、どうぞお召し上がりください。

ポカポカと温まりますよ^^

 

 

iroherb

2017.10.28  diary, iroherb cafe

こんにちは、iroherbです。

 

 

晴れの日と、雨の日の寒暖の差が激しく、

体調管理に気をつけたい日が続きますね。

 

さて、、、iroherb cafeでは、新しいランチメニューが

増えます。

 

171019-110338

 

『手作り いろはバーグセット』

です。

スープ、パン、サラダ付きで¥1580です!

 

ハンバーグは国産牛100%にこだわり、

数種のハーブとスパイスを混ぜ合わせ、

ソースはデミグラスソース、香味野菜と赤ワイン、

複数の隠し味と、時間を費やして

深みのあるソースに仕上げました。

 

平日限定での販売になりますが、

iroherb cafeにお越しの際は、

ぜひ、『手作り いろはバーグセット』を

ご賞味ください!

 

 

iroherb

 

2017.10.21  diary, iroherb shop

こんにちわ。

10月も明日下旬となりましたが、今月は雨が多い月になりましたね。

明日も台風の影響で雨が強くなりそうですので、外出の際はお気をつけて。

s__22A3380

 

来週はいよいよ「ギャベ展」がSTART!!

ギャベのイベントは今回で3回目となりますが

今日は、いままでお伝えしていた内容とあわせてお伝えしたいと思います。

 

▼過去記事より

ギャベをつくるひと

ギャベについて

玄関サイズのギャベ

ギャベの模様

 

ギャベは

市場に出回りはじめたのは、20世紀の後半ごろ。

若い絨毯商の手によって

スイスの貿易商の手に渡ったのが最初といわれていますが

それよりはるか昔、遊牧生活の中がはじまった頃から

ずっと使い続けていたといわれています。

DSCN7427-1024x768imgNews20130510_122118

 

最初、ウールは「暖」をとるもの・「涼」をとるもの

気温差が―30℃の環境の中で、生きていく為の必要な素材として使われ

それが段々

草木で色を染めるようになり

少しずつ模様がうまれ

装飾としても楽しまれるようになりました。

 

ギャベの特徴でもある丈夫さや、模様を生み出すのに関係する織り方も

完成するまでには

受け継がれながらも世代で模索、変化しながら

より暮らしがよくなるようにと想いを込めながら

今の織り方があるんじゃないのかなっと思います。

※ギャベの織り方

縦糸が2本になっており、間に横糸を通します。その後、引っ張りだし縦糸に横糸を結びカット。

IMG_0817

今あるギャベにたどり着くまでに

どのような物語があったのか考るとわくわくしますね。

 

ちなみにギャベを織るのは、主に女性の仕事ですが

家族皆でつくります。

最初は男性達が羊を刈り、川で洗い清める作業

karu5 img10364743527

 

その後女性達が、その毛を手で柔らかくつむぎ

つむぎ終わった糸を、今度はザクロやブドウなどを自然のものを使って男性達が染め上げ

その糸をつかって、娘が母親に教わりながら

何週間、何カ月をかけて織っていきます。

1D_3636-thumb-600x400-8958

 

ギャベといっても

遊牧民の中には、たくさんの部族がいます。

その部族によっても個性があったり

流行な模様があったり

そういうことが分かると、またさらにおもしろくなります(^^)

o0661049611086110645

 

ひとつずつが一点もので

膨大な時間、労力をかけて

たくさんの想いがあって生まれるギャべ

親から子へと受け継がれ、つむいでいく物語

 

国境が離れた場所でそんな作品に出会えるのは

素晴らしいことだなと思います。

 

今回のイベントでは約300枚入荷予定です。

たくさん入るので

たくさんの個性豊かな作品たちに出会えますよ!!

まずはアートを楽しむような感覚で

是非たくさんの方に見て頂きたいです(^^)

 

171027_ギャベ展_10月26日~

水曜定休日

※11月6日~8日はiroherb shopのみ、おやすみとなります。

 

 

 

 

 

 

 

2017.10.16  diary, iroherb cafe

こんにちは、iroherb です。

続く雨の日、そろそろお日さまが恋しいですね。

 

さて、今日10月16日は「世界食糧デー」です。

世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決することを目的に、

1981年、世界共通の日として制定されました。

国連によると、世界のおよそ7億9500万人(9人に1人)が、

健康で活動的な生活を送るために、

必要かつ十分な食糧を得られていないといいます。

 

一方で、飢えと共に、世界的に問題となっているのが肥満です。

英国の研究リポートによると、近年での20年間で、肥満は

世界全体で82%増加したそうです。

そして、「肥満による健康への悪影響は、飢えによるものを上回っている」

という見解を示しています。

 

160626-104025

 

私たちの暮らしの中心にある「食」

心が通い合う”おいしい時間”の共有。

iroherbでは、皆様に安心して美味しく召し上がっていただくために

出来る限り生産者の思いが伝わる地域の食材や、

パートナー(作り手)を選び抜いて提供致します。

また、何気ない日常に「ワクワク」や「学び」「気付き」の要素を与えてくれる

様々なレッスンを提供していきたいと思います。

 

171013-162926

 

食べ物をつくる人

食べ物を運んでくれる人

料理をする人

食べる人

 

みんなが繋がって、食生活が成り立っています。

 

「いただきます」

「ごちそうさまでした」

謹んでいただく謙虚さを、大切にしていきたいと思います。

 

 

iroherb

 

2017.10.13  diary, iroherb shop

一気に寒くなりましたね。

 

恒例になりました『ギャベ展 』が今年も開催されます。

イランから入荷したふかふかのギャッベたちがiroherbへ届きます。

 

 

 

 

040123-040126

 

 

“ギャベ”とは、イランの遊牧民たちが「持ち運ぶ床」として代々受け継がれているウール100%の絨毯です。

保湿性・吸湿性がとっても優れているのでオールシーズン快適に使えます。

 

 

 

 

人気の理由の一つに、遊牧民たちの自由な感性から生みだされる個性的なデザインがあります。

 

 

 

鹿:家庭円満

 

22471872_1007996309343412_370671008_o

 

 

 

生命の木:長寿・健康

 

22497321_1007996312676745_472100348_o

 

 

四角形(窓):幸せを呼び込む

 

22494644_1007996316010078_1546093308_o

 

 

花:明るさ・憧れ

 

22472789_1008003459342697_1374846062_n

 

 

 

生まれた地に受け継がれる伝統的なデザインを

織り手によりひとつひとつ異なる表情を吹き込まれます。

その為世界でたった一枚だけのオリジナルギャベが生まれるんですよ。

 

 

hero_1001

 

 

祈りや願いを込めて作る柄には、家族に対するたくさんの想いが詰まっています。

 

 

 

170703-114927

 

ギャベ展は10月26日(木)~11月19日(日)までiroherb shopで開催しています。

(11月6日~8日はiroherbは閉館とさせていただきます。)

 

iroherbへお気に入りのデザインを見つけに来てくださいね。

 

 

 

iroherb

 

 

 

 

 

 

2017.10.09  diary, iroherb cafe

 

こんにちわ、iroherb です。

 

三連休の最終日!

天気も良く、少し暑い一日でしたね。

 

170915-114713

 

先月に落ちていたどんぐりを見て、、、

 

170915-120527

 

ちょっと、イヤッ!だいぶまるっこい”トトロ”を

ラテアートしてみました。この季節になると

思い出す、長年愛され続けている”トトロ”は秋の

風物詩かも。

 

そして、今日は iroherb cafe よりランチコースに

登場する魚料理のご紹介。

 

”タイのポワレ アンティボワーズソース”

 

171009-174825

 

皮を香ばしく焼いたタイに、フレッシュなトマトとハーブを合わせた

爽やかなアンティボワーズソースを添えました。

171009-174931  171009-174839

 

せっかくなので、色々な角度から撮って

みました。目でも楽しめる料理です!

ぜひ一度お召し上がりください。

 

 

iroherb