Loading...

iroherb

iroherb-map facebook インスタグラム
diary
カテゴリー : event
2017.09.15  diary, event

こんにちは

今日は風が強く、大きな台風が近づいていますね。

この連休、特に日曜日は

台風が一番接近する予報ですので

皆さま、くれぐれもお気を付けくださいね。

21731243_671485219728858_1094458170757639092_n

 

今回はお月見の意味と、なぜiroherbでしようと思ったのかを

少し長くなりますがご紹介致します。

 

————————————————————————————

 

十五夜は日本に昔からある行事ですが

中国の唐の時代の文化が日本に伝承したといわれ

日本には、平安時代に遣唐使によって伝えられたといわれています。

 

お月見の意味は

・最も美しく見える季節に月を鑑賞する、愛でる

・月に感謝する (月明りが照明になり、農作業ができたことに感謝)

・農作物の豊作の祈願と、収穫を感謝する

という意味があります。

 

お供えものにも、それぞれ意味があり

23_01 th

お団子

➡豊作の祈願と収穫の感謝をする為、お米を使って月に似せた団子を作りお供えをしていました。

十五夜の別名は「芋名月」。

その時期が旬の芋類の収穫を祝う行事でもあるので、里芋やさつま芋などをお供えする風習もあります。

すすき

稲穂に似ていることから、お米の豊作を願い飾られます。

すすきの鋭い切り口が魔除けとされ、お月見の後

軒先に吊るしておく風習もあるそうです。地域によっては、すすきではなく稲穂を飾るところもあります。

 

 

ハロウィンの語源も本来は「秋の収穫感謝祭」なので

形は違えど、10月は世界中で作物の収穫時期

収穫できたことに感謝するという想いは変わりませんね( ◠‿◠ )

25654002100

 

次はなぜiroherbで、イベントを行おうと思ったのか?

 

————————————————————————

お月見をしている風景

皆さんはどんな風景が思い浮かびますか?

 

個人的には

縁側に座って

お団子を食べながら月を眺めるっていうシーン。

これは絵本で見たのか、小さなころの記憶なのかわかりませんが

家族や大切な人、ご近所のひとが

ひとつの家に集まって

秋の月を、星の美しさを愛でるという風景が目に浮かびます。

 

 

その場にはあたたかい空気が流れ

ひととのつながりがあります。

 

 

 

さて現代のくらしはどうでしょうか?

 

平屋の作りから、いまでは2.3階建ての家が普通になり

ひととの住む距離は近くなるものの

ご近所での関わりは少なくなりました。

pic_bill16_01

 

昔は夜空がいちばん明るかった

いまでは建物が増え、夜でも街は明るい。

家に人を招かなくても、外で集まる場所がたくさんできました。

thP6WCIWY1

 

それが今のくらし

そして

その暮らしとともに

人を招いてもてなすという文化も徐々に少なくなってきました。

 

o160012001315233757719 t02200250_0553062912019325144

北欧では

日照時間が少なく、家ですごす時間が多いので

内装や色にこだわり

照明のあかり、家具にもこだわり

お気に入りの空間を作る方が多いです。

そして、自慢のお家を是非見てってちょうだいという方が多いですね。

 

 

日本と北欧では環境やライフスタイルも違いますが

家にこだわりをもつということ。

家具や照明、小物、食器

なにかにこだわりを持つとそれを誰かに見せたくなる

家に呼びたくなる。招きたくなる。

せっかく家にきてもらうなら、楽しんでもらいたい

おもてなしをしたい!

 

日本ではそういう想いをもつ方は

年々少なくなってきているようです。

 

家だけではなく

毎日のくらしにもこだわりをもつ=お気に入りをつくる

それは一種の個性として

“自分らしさ”となります。

 

家もくらしも楽しむ

興味をもつことで

毎日がより楽しくなる。

 

 

この秋は

お月見を楽しむ以外にも

だれかを家に招いてみませんか?

お部屋を片づけたり、お皿を用意したり、ごはんを考えたり

家に招くことは前準備が大変ですが

どうすれば喜んでもらえるんだろう?って考えながら

準備するのはちょっと楽しくないですか?^^

きっといまよりも

ひとひととの距離はちぢまるはずです。

そして、前よりも家のことが好きになるのではないでしょうか。

 

th60D0FH3N

 

文化をしるということ

昔の人たちのライフスタイルをしるということ

いまの自分のライフスタイルを考えるということ

 

iroherbは

そんなきっかけにちょっとでもなればという想いで

OPENしました。

 

catheader_cover_armchair

十五夜のイベントをきっかけに

二周年にむけて

この秋は、よりくらしを豊かにしてくれるようなイベントを企画しておりますので

是非楽しみにしていてくださいね。

 

 

2017.09.09  diary, event

こんにちは。

朝晩はすっかり涼しくなってきましたね。

これからどんどん紅葉が深まっていくのが楽しみです(^^)

 

 

iroherbでは、現在「iroherb × 十五夜」のイベントが始まっています。

21231675_1383168208463193_7236802495845275349_n

 

秋の俳句の季語は『月』のように

古くから月は人々に深く愛されていました。

短歌でも月を読む句は多いです。

 

有名なものだと

・名月も 取ってくれろと 泣く子かな /小林一茶

・天の海に 雲の波立ち 月の舟 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ /万葉集 柿本人麻呂

 

thEUAQSSLE

秋の月は四季の中でも

一番美しく見えるといいますが

そもそもなぜ美しく見えるのでしょうか?

 

iroherbでは

十五夜のイベントを行うにあたり

今日はそこからお話しできたらなと思います。

 

———————————————————————–

 

秋になると

風がすこしひんやりと

そしてひんやりとした空気は夏と違い

どこかカラっとした感触があります。

乾燥の季節が始まりますね。

9月から徐々に、女性は特に“保湿”ワードに敏感になる頃だと思います。

 

 

夏と秋との違いは、気温・天候の違いもありますが

大気が含む水分量も変わります。

 

水分量

日本の夏は蒸し暑く、湿度が高いです。

人は光を網膜で感じとり、モノをみています。

大気中の水分量が多くなると、その光が進む道を水分子にあたり散乱。

その現象がその地域全体でおこると、遠くの景色がぼやけ大気が白っぽく見えます。

 

img3883701dzik8zj

 

逆に冬は気温も湿度も低いので

光の散乱が少なく、はっきりと景色を見せてくれます。

台風の影響もあり、前半は雨の日も多いですが

雨が大気中のちりを浄化してくれるので

雨が降ったあとには

より澄んだ空気とうつくしい景色を私たちに見せてくれます。

 

 

月がいつもよりもはっきり見えるのは

そんな理由があったんですね。

 

 

星がすくない

秋の夜空は明るい星たちが少ないので

月の明るさが際立ちます。

 

秋は月

moon-1108686_960_720

冬は星

Nueva_Zelanda_02552

 

というように

 

冬になると、明るい一等星たちが多く

一年の中で一番、星空がうつくしく見える季節です。

冬の星座といえば、オリオン座、冬の大三角形が有名ですね(^^)/

 

winmap12

秋の夜空は

ほかのものに邪魔されず、集中してみることができます。

 

月の高さ

あとは高度の違い。

見える位置も大事です。

位置が低ければ、空気中のちりや他の明かりの影響を受けぼやけてしまい

高ければ高いほど、影響が少なくきれいに見えます。

しかし、長時間見るとなると体制が厳しい。

 

秋はちょうどその真ん中の高さ。

見やすく、キレイに見える高さなので

皆がゆっくり長く、月を楽しめる時間へとなっていたんですね。

 

時間 夏至 2017/6/21 十五夜 2017/10/04 冬至 2017/12/22
19時 -30.6031 20.5223 16.4417
20時 -37.7112 31.4001 6.0796
21時 -41.9771 40.8775 -51.673
22時 -42.6091 47.9334 -16.8684
23時 -39.4874 51.1550 -28.7298
24時 -33.2206 49.5798 -40.5616

※月の位置計算 山口県岩国で検索した月の高度の値(℃)

 

lua-outono

 

そして、この明るさが

秋の夜長、電気もない時代

人々の夜の時間をやさしく照らしてくれたといわれています。

いまでは灯りがある生活が当たり前ですが

十五夜の美しい月明かりは、人々の心も癒してくれたんだろうな。

 

 

こうやって考えてみると

満月の日、十五夜は家の電気をけして、月明りを楽しみたくなりますね( ◠‿◠ )

 

 

次回はなぜ、iroherb でイベントをしようと思ったか。

十五夜の由来も合わせてご説明できたらなと思います。

 

 

2017.08.21  diary, event, iroherb cafe

 

こんにちわ、iroherb です。

 

突然の雨で湿度が高く、じとじととする

一日でしたね。

明日も雨でしょうか・・・

さて、そんな天気とは違って晴れた気持ちの良い昨日の朝、

人気の”朝yoga”が開催されました。

 

170820-090825

 

朝の気持ちのいい時間に、ヨガの呼吸法とポーズをしながら

瞑想をして、忙しい日常から少しはなれてみるのもリフレッシュに

なっていいですよね!

 

170820-090247

 

170820-091507

 

参加者の方には、iroherb cafe よりベリースムージー♪が

配られました。

手書きのイラストもとってもキュートでした!!

次回が最後になりますが、お楽しみに。

 

170820-092540

 

 

iroherb

 

2017.08.07  diary, event, iroherb cafe

 

こんにちわ、iroherb です。

 

心配していた台風5号が通りすぎ、安心したのか

iroherb の木々たちは穏やかな風にゆらゆらと

ゆられています。

 

木々たちの葉っぱは今が一番鮮やかなきれいなみどり色を

しています。そんな iroherbの森で昨日の朝、

”大人の自由な夏時間 朝ピラティス”がありました。

 

170806-090035

 

170806-090831

 

いつもよりちょっとだけ早起きをして、カラダを動かす。

 

普段の生活ではつかわない筋肉を動かし、自分のカラダと

向き合う。

 

こんな朝の時間がとても幸せな気持ちにさせてくれます!

 

170806-091222

 

170806-091314

 

いつもの暮らしに、心をウキウキ♪ルンルン♪させて

くれることがきっと豊かな暮らしにつながります。

 

カラダをたっぷりと動かしたあとは、iroherb cafe 特製の

グリーンスムージー!

 

170806-092802

 

たっぷりの小松菜とキウイフルーツを使用した

スムージーは大人気でした。

次回のスムージーもお楽しみに!!

 

 

 

iroherb

 

=================================================

お盆休みのお知らせ

 

8/16(水)・17(木)   全館CLOSE

※Midoriのみ、8/15(火)~17(木)CLOSE

となります。

 

 

2017.07.17  diary, event, iroherb cafe

 

こんにちわ、iroherb です。

 

毎日とっても暑い日が続きますね!

日射しが強すぎて外へ出かけることをためらって

しまいそうです・・・そんな中、昨日iroherbでは

寺下のぞみさんによる”Photo Lesson”が開催されました。

 

ほんわかした雰囲気でお話しをしていると、いつも笑顔で

まわりも明るくしてくれる寺下さん。そんな寺下さんが

撮る写真は、どこか懐かしさを感じ、ほっとさせてくれる

写真ばかりで大人気です。

今回もあっという間に満員となってしまい、参加でき

なかった方、すみません・・・でも!!また開催するので

お楽しみに♪

では、Lessonの様子を↓

 

170716-102636

 

まずは、みんなで簡単な自己紹介からスタート!最初はお持ちの

カメラの使い方から始まりました。ボタンがいっぱいあってどれを

押したらどうなるのか、正直私はチンプンカンプンで・・・説明書も

あまり読まないので、こうして実際に触りながら教われることは

覚えやすくて助かります。そして次は、iroherb内を探索しながらの撮影会!

 

170716-105406   170716-110102

 

170716-105900   170716-105923

 

自由に自分の好きな場所を探して撮る姿は、とても楽しそうで、

暑さなんか吹っ飛んでいました!

またこんな感じでとりたいなぁと思いながら撮るけれど、実際に

撮れた写真を見てみるとなんかいまいち・・・ということはないですか?

実際に撮りながら、構図のことや写真をもっときれいに撮れるコツを

教えてくれます。

そして、最後はiroherb cafeの自家製 ガトーショコラとドリンクを

飲みながら、パソコンを使った簡単な画像処理を教わります。

 

170716-112545

 

170716-114840

 

時間が足りないくらいでしたが、みなさまとても楽しんで

いただけたようでよかったです。

また次回の開催をお楽しみに!

 

iroherb

 

2017.07.02  diary, event, iroherb shop

こんにちは

 

7月に入ってから

すっかり夏らしい

蒸しっとした暑さになりましたね。

 

shop7月の月市もスタートしましたが

まさにこんな暑さの日におすすめしたい

アイテムが入荷しました。

『風をかんじる夏』

 

19553895_1326711434108871_657046972896704405_n 19665201_1326716614108353_4371937436343670753_n

 

風がとおるのをおしえてくれる風鈴は

音色や揺れるしぐさを見ていると涼しい気分になります。

 

i6

 

富山県高岡市の伝統産業である「鋳物」の技術により制作された

「能作」の風鈴たち

真鍮ならではの美しい音色は

聴いていて

とても心地よく

ひとつずつ

味わいが違います。

 

是非、生で聴いて頂きたい美しさです。

 ※数量にかぎりがございます。気になる方はお早めに。

 

 

ec_product

 

マッチの形をしたお香

 

日々を彩ってくれる10分間の香りを演出してくれます。

忙しい日常の中に

10分でもゆっくりと

くつろげる時間があったら

毎日はとても色鮮やかになります。

 

 ec_concept

兵庫県にある老舗のマッチメーカーと、お香メーカー

ふたつのものづくりのメーカーがコラボして生まれたのが

こちらの商品。

 

火は自然に消えるので

擦って火をつけたら

火の灯りと

香り

ふたつをお楽しみください。

 19554346_1326711484108866_1198322635781417954_n

 

持ち歩きができるマッチ箱サイズなので

どんなところでも楽しめるのがまた魅力的。

7月は他にもイベントが盛りだくさん!

是非iroherbにお越しください(^^)/

 

2017.05.13  diary, event, iroherb shop

こんにちは

 

昨日は雨だったものの

今日はすっかり晴れましたね。

 

今日はshopの月市でご紹介をしている

メーカー様のことについてお話をしようと思います。

 

1回目は、柳井にあります『佐川醤油』

18423851_1278409025605779_7057665609546678556_n

場所は柳井の白壁の町並み通りから

ひとつ路地に入ったところにあります。

 

明治以来、100年も続く蔵

昔ながらの蔵の空間つくりは、とても素敵でした。

奥では、いまも甘露醤油を製造しているのですが

入った瞬間、濃厚な醤油のかおりに包まれます。

 

18403599_1278409028939112_7860172811537045581_n

 

ながくながく作っているからこその蔵に染付いた匂いは

時代の中に居続け

地元に愛され続けているんだということを深く感じました。

 

18403184_1278409248939090_8200168694778898316_n

 

蔵の中では商品も購入できますし

奥には樽の中にねむる甘露醤油を、ガラス越しから見ることもできます。

 

18425460_1278409032272445_6773521904442056616_n

 

甘露醤油を作る工程の写真もあったので、とってみました。

①麹造り

 

18425510_1278409112272437_2463529639813150403_n  18424227_1278409128939102_1241695681103677240_n 18423891_1278409178939097_8958419927580562603_n

・大豆を蒸し、小麦は炒ったものを缶の中で種麹を加えてまぜる。

・室という部屋で、約30時間をかけて麹をつくる→麹のできあがり

 

➁濃口醤油つくり

18447556_1278409175605764_2590291187870020073_n 18402955_1278409182272430_5489609215435413639_n 18446788_1278409188939096_9017618037665707492_n

・桶の中には、塩水+約2トンの麹入り

・職人の手で時期を見ながら攪拌、約1年半ぐらい熟成させる➡濃口しょうゆのできあがり

 

③甘露醤油つくり

18423736_1278409238939091_2863037852510914208_n 18402890_1278409228939092_6268159866271596093_n  18446551_1278409232272425_4340986343092183471_n

・圧搾機で諸味をしぼる

・搾ってとれた濃口しょうゆにもう一度あたらしい麹を加え、約1年半~2年間熟成させる

➡ 二度熟成させたもろみを絞り、殺菌着味あとにビン詰して甘露醤油のできあがり

 

 

柳井といえば

金魚ちょうちん、自然薯、甘露醤油というくらい、有名な甘露醤油

柳井が発祥の地とされています。

 

kanroshouyu550

–そもそも甘露醤油とは?——————————————————–

 

甘露醤油とは、 出来上がった濃口醤油にもう一度麹を加え醗酵させた醤油です。

正式名称は再仕込醤油ですが、西日本では、甘露醤油と呼ばれています。

佐川醤油店では、杉の三十石桶に当地の琴石山系の伏流水を仕込み水にして仕込み

通常の倍の材料(大豆、-小麦)と歳月をかけて仕上げた甘露醤油、芳醇な味と芳りが特徴的。

 

–名前の由来?–

 

天明年間、時の岩国藩主吉川公は、柳井津に美味なる醤油有りとの報に、これを所望。

そこで、特に醸造の秘技を凝らした再仕込醤油を献上したところ

その芳醇な味と香りに思わず「甘露、甘露」と歓声を洩らされたと伝えられています。

—–上記、佐川醤油様サイトより文章を引用———————————–

 

 

普通の醤油よりも

倍の材料と歳月をかけて、つくられた甘露醤油

 

我が家でも

煮物やお寿司に大活躍しています。

ヴィンテージワインのような芳香な香りと甘さは

まだ食べたことのない方は、是非おすすめな一品です。

 

株式会社 佐川醤油店

・・・佐川醤油蔵・・・

(柳井甘露醤油資料館)

〒742-0021  山口県柳井市柳井3708-1   0820-22-1830

 

 

—————————————————————————————————————-

 

ちなみに佐川醤油さんの隣では

柳井縞のコースターづくりや金魚ちょうちん作りを体験できる

”やない西蔵”があります。

混んでなければ、10名様以下ならそのまま体験することができます。(有料)

くわしくはこちらから  ☞やない西蔵

 

SANYO DIGITAL CAMERA 35212aa0000005188_1 18342789_1278409328939082_7708806381748093027_n

 

金魚ちょうちんが揺れる

白壁の町並みを歩けば、かわいい文房具屋さんも!

18402574_1278409022272446_4844595178134337228_n DSC04364

18447275_1278409115605770_4530744486485571908_n 18423723_1278409385605743_8155209577871590534_n

 

中には「金魚ちょうちん」商品がいっぱいありました。

某メーカー様とのコラボ商品とかもあります。

お土産にはもちろん、自分用にも金魚アイテムをつれて帰りたくなる場所です。

 

これからの時期

白壁の中を歩きながら、まわりにゆれる朱色の金魚ちょうちんを見るのは

とても綺麗ですよ。

35212aa0000005306_1

 

柳井はiroherbから

車で約30分くらいの距離なので

もしお時間に余裕のある方は、是非あわせて遊びに行ってみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.06  diary, event, iroherb shop

こんにちは

 

GWも残すところあと2日

皆様、連休は楽しんでいらっしゃいますか?

連日iroherbにも、たくさんのお客様にご来店して頂いております。

 

 

このGWiroherbはオープンして、一年がたちました。

2016.05.03グランドオープンの様子↓

木がまだ少ないですね

 

 160429-094859_pano

160429-104959 160429-100538

 

こうやって一年目を迎えることができたのは

日頃よりご来店下さるお客様

地域の皆様、お世話になっている皆様のおかげです。

心より感謝申し上げます。

 

 

一周年を記念しまして

今月iroherb shopの月市では

MADE IN YAMAGUCHI EAST」が行われています。

内容は山口県東側にあります

食品を取り扱うメーカー様の商品のご案内です。

 

 18222213_1272418199538195_1660013553679844759_n 18301474_1272418206204861_6622611122228327657_n

今回のイベントをするにあたり

山口の魅力を改めて考えるきっかけとなったのですが

 

雄大な大自然

北は日本海、南は瀬戸内海、三方を海に囲まれ

国内最大級のカルスト台地と鍾乳洞が広がる秋吉台国定公園や

各地に点在する原生林や渓谷美。

とても自然、土地に恵まれた地形なので

海の幸、山の幸どちらも楽しめる

美味しいものに恵まれている

ということを、改めて再確認しました。

 432

 

今回のイベントでは

山口県東側のメーカー様

 ・岩国市 旭酒造様

 ・岩国市 たんぽぽ様

 ・岩国市 原田食品様 

 ・柳井市 佐川醤油様

 ・柳井市 出穂農園様

 ・萩   井上商店様

の商品をお取扱いさせて頂いております。

ご協力を頂き、誠にありがとうございます。

また改めて、ご紹介をさせて頂きたいと思います。 

18268555_1272435902869758_5078762323624096227_n 18199508_1272435919536423_970825795929970377_n

イベントを企画にあたり

今回紹介はできなかったものの

ほかにもたくさんの魅力的なメーカー様とお話をすることができました。

  

 

魅力的なもの・ひと・文化は

気づかない、意識してないだけで

まわりに溢れています。

都会に比べると、情報を得る手段が少ない現状

私自身も改めて知るきっかけとなったイベントとなりました。

 

iroherbのコンセプトは

「医・食・住・遊・創」を通じてくらしのいろはを伝えていくことです。

“iroherbをきっかけに、なにかあたらしいことがはじまる”

毎日のくらしがより豊かに、楽しくなるような

きっかけづくりの場所になれたらいいなと

考えています。