Loading...

山口県岩国市、カフェ・家具・雑貨・ベーカリーのある複合施設 | イロハーブ

iroherb-map facebook インスタグラム
diary
カテゴリー : iroherb cafe
2019.08.16  diary, iroherb cafe

 

台風10号により被害を受けられた皆さまには、お見舞い申し上げます。

 

ウン十年生きています私は、今までこんな台風は何年に1度位で発生していたように思います。

 

温暖化の影響でしょうか。

 

お陰様で私たちの町にはあまり被害が無く通り過ぎていきました。

 

 

 

真夏の空が戻ってきたと同時に、また暑い日が続きます。

 

ひまわり1

 

 

暑い夏 夏バテ防止に西洋漬物——ピクルスを作りませんか?

 

 

先月 ピクルス作りワークショップを開催致しました。

 

190531-164323

 

 

 

突然クイズ や 珍しいお野菜の紹介 など 参加いただいた方には

楽しんでいただけたと思います・・・・・

 

 

 

講座を受けてくださった方から

「スパイスが近くで見つからない!!! 講座で作った味で たくさんいただいた胡瓜をピクルスにしたい~」。

そこで、

リクエストにお応えして caféで小分けにしてレシピと一緒に販売することに致しました。

調味料はお好みのものをお使いください。

配合もお好みで調整を‥‥。

 

ピクリングスパイス

 

 

この1袋で ウェックに5~6杯分のピクルス液ができます。

マスタードシード ベイリーフ オールスパイス クローブ 等々入っています。

 

 

ピクルス

この写は 参加してくださった方の完成品です。

 

お野菜は 胡瓜 大根 人参 パプリカ プチトマト 茗荷 長芋 キャベツ 等々。

ちょっと変わったところで 茹玉子 もお勧めです。

 

 

夏の手仕事を楽しみませんか?

 

 

 

 

iroherb café

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.08.09  diary, iroherb cafe

8月10日 お盆が近づいてきました。

心なしか 朝晩過ごしやすいように思います。

日中は酷暑!!! 続きですが…

 

 

カフェの8月ランチコースをご紹介いたします。

 

 

8月コース肉

 

 

前菜は 5種盛り合わせです。

枝豆豆腐 オクラやトマト・自然薯のゼリー寄せ パレットサラダ

生ハム パルメザンチーズのフレンチトースト。

 

ガラスのスクエアプレートに 涼を感じていただけますように

小さなガラスの器を組み合わせています。

 

冷たいコーンポタージュ。

 

COCORONDのバゲット オレガノ・タイム・バジルのハーブの丸パン。

 

メインのお肉は ローストビーフです。

付け合わせも ピクルスとラタトゥイユで、

さっぱりと冷たいものをご用意いたしました。

 

 

メインはお魚もご用意しております。

 

 

食後のドリンク・デザート付きです。

 

 

 

青々とした木々の中に建ち ゆったりと開放的なカフェで

夏のランチを大切な人と一緒に楽しんでみませんか?

 

 

iroherb café

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.06.28  iroherb cafe

梅雨に入りました。

 

毎日 蒸し蒸し‥‥ 雨も続きますが、

iroherbは 緑が多いので

サラサラと 雨にうたれる木々の葉を

カフェのテラスに近い席から眺めることが出来、

ひと時 雨を楽しめます。

 

 

本日28日で 6月のプレートランチは終了いたしました。

 

6月プレートランチ

ご来店頂きありがとうございました。

アボカドが苦手だったけど この味付けだと食べることが出来るようになった

とお言葉も数多くいただきました。

嬉しい限りです。ありがとうございます。

 

プレートランチ、

7月は

暑さを乗り切る カレーメニューで参ります。

 

 

7月プレートランチ2☆

 

茄子のキーマカレー。

夏野菜の定番 旬の由宇産 茄子。

ピリッと辛いキーマカレー。

元気が出る黄色の ターメリックライス。

トッピングも色鮮やかに5種類。

 

 

お供に ガスパチョ ―食べるスープ― もご用意いたしました。

 

7月プレートランチライン1☆

 

7月1日月曜日から スタートです。

 

 

2019.05.12  iroherb cafe

こんにちは!

いいお天気が続き気持ちいい毎日です。イロハーブの木々も新芽が成長し

緑いっぱいです。

 

 

今日は

朝市でちょっと驚いたことを書きます。

 

DSC_0493

 

今サラダに使っているお野菜 ”デトロイト”という葉っぱが実は大根の一種で

根本のちっちゃいところがこれから育つようで

しかも赤い蕪より少し大きいサイズになるのだとか・・・

 

それってもしかして ビーツ?

調べてみるとやっぱり テンサイ(サトウダイコン)で ビーツでした。

 

今 朝市に出ているもの葉っぱが大きく育っているので、サラダにはむかないのですが、

生産者の方が 「このまま育てて大根が大きくなったら収穫してあげるね」と言ってくださいました。

 

とても感謝です。

育つのに時間が必要なので、カフェに登場するのはもう少し先になりそうです。

 

前菜? スープ? 付け合わせ? 今から楽しみです。

 

iroherb café

 

 

 

 

2019.03.29  diary, iroherb cafe

お昼間はとても暖かく  caféでは窓を少し開け  外の風も少し取り入れ

風に春を感じながらお茶の時間を楽しんでいただいています。

 

3月4月、ケーキは苺を使ったものを主に作っています。

 

 

今朝

いちご農園 重信さんのハウスにお願いしていた苺を取りに行き、

ハウスの中を撮影してきました。

 

 

 

DSC_0472

 

 

 

白い可憐な花が沢山ついていました。

 

 

 

DSC_0471

 

 

どんどん実をつけ 順番に赤く熟していく苺。

摘果された後の茎も。

 

 

 

 

DSC_0475

 

 

沢山実をつけるために大切な 葉っぱ。

 

 

 

数年前

葉っぱをケーキのデコレーションに使いたく、

少し分けてほしいとお願いしたことがありました。

沢山あるのだから少しくらいいいかなって簡単に思って… 。

 

 

今の時期、特に元気のいい大きな緑の物は分けてあげることは出来ない。 と言われました。

栄養を作る部分なので栽培にはこの葉っぱがとても重要だから。 と。

 

光合成・葉緑素・co2・  大きく飛躍して・生態系・・・昔習ったことを思い出しました。

 

私たちはこの大きな自然のサイクルの中で生きていると改めて思ったことを

今日あの元気な濃い緑色の葉を見て思い出しました。

 

 

 

ハウスに伺うとこんな面白いものも…

 

双子いちご

 

4月下旬頃まで収穫が続くそうで、

caféも同じ頃まで苺を使ったケーキをご用意いたします。

 

 

 

 

iroherb café

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.08  diary, iroherb cafe

2月から イロハーブコースでお出ししております、

”鯛とじゃがいものクリーム煮”。

 

3月も引き続きコースのお魚メニューとしてご用意しております。

 

190301-172219

 

メインをお肉かお魚か選んでいただくのですが、

イロハーブカフェではお肉をお選びくださる方が多いです。

 

このメニューは人気があります。

そこで3月も引き続きご用意することに致しました。

 

鯛のソテー、じゃがいも・マッシュルーム・しめじを

生クリームと牛乳で軽く煮込みました。

 

 

季節は進んで、

じゃがいもが新じゃがになり、

付け合わせのブロッコリーが

地元の花っこリーや菜の花・エディブルフラワーを栽培していらっしゃる

森田さんのスティックタイプのブロッコリーになりました。

これからもお野菜は季節と共に変わっていきます。

そちらもお楽しみに。

 

お好みですが、

 

クリームソースを

ココロンドのバゲットとご一緒にお召し上がりいただくのもおすすめです。

 

バゲットのおかわり承ります。

 

 

 

春の日ざしは暖かく 風は少し肌寒いけど 明るい季節、

イロハーブの木々は新芽をたくさんつけています。

散策もお勧めです。

お立ち寄りください。

 

 

 

3月10日のランチはご予約の方のみとなりましたが、

ティータイムは 14:00~ 通常営業致します。

 

 

 

イロハーブカフェ

 

 

 

 

 

 

2019.03.01  diary, iroherb cafe

今日から3月。

2019年が始まってすでに2か月が経ちました。

早いです!

季節も確実に冬から春へ向かっています。

 

今の季節ならではのフルーツといえば・・・・ 苺。

カフェでは、農家さんから収穫したばかりのものを直接仕入れています。

 

DSC_0425

 

光っています。

 

通い箱を作って分けていただいてるのですが、

蓋を開けるといちごの何とも言えない甘い、い~い香りもします。

 

粒がしっかりしていてとても甘いんです。

砂糖の甘さとは違い自然のやさしい甘みです。

爽やかな酸味も併せ持っていて、

焼き菓子に使っても美味しいですし、このままで生クリームとスポンジケーキとも

相性がいいです。

いちご好きの方も満足して頂けると思います。

 

カフェではこのいちごを使った

デザートメニューが少しづつ登場しています。

 

第1弾。

 

190201-155934

 

今日から新登場!  苺のプレートパフェ!

 

DSC_0438

 

タルト生地でカップを

 

DSC_0437

 

いちごジャムを煮て

 

DSC_0436

 

アイスに。

 

タルトカップの中に バニラスポンジといちごを詰めて

アイスをのせて 生クリームといちごをトッピング。

グラノーラといちごもそえました。

 

お皿に盛り付けたパフェです。

 

是非 お召し上がりください。

お待ちしております。

 

イロハーブカフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.02.22  diary, iroherb cafe

2月 まだまだ寒い日が続いていますが、暦の上では春はもうすぐそこまで来ています。

2月19日は二十四節気では”雨水”。 雪が雨にかわり草木が芽吹き始めるという日です。

イロハーブの木々も固かった蕾が少しふんわりしてきました。

 

 

イロハーブカフェでも少しづつ春を感じられる食材が登場しています。

 

蕾菜前菜

 

これは 蕾菜という高菜の中心の芽の部分です。

 

昨年12月には白い部分が小さくあまり魅力的ではなかったのですが、

今旬を迎え地元のやまびこ朝市さんに沢山並んでいます。

 

 

カフェでは、素揚げをしてフルール・ド・セルを軽くかけてお出ししています。

 

蕾菜2

 

白い部分は、お塩ふることをによってお野菜独自の甘さを強く感じます。

3月上旬頃まで収穫できるようです。

しばらく前菜に春を添えてくれます。

 

3月上旬頃まで前菜は、蕾菜とお皿奥のガラスに盛り付けてある

”カラフル大根のピクルス”

”レッドキドニーとガルバンゾー(ひよこ豆)の自家製トマトソース煮”  です。

 

 

見た目が春色のピクルスは、レッド・ピンク・青みかかった白の3種類の大根を漬けてあります。

こちらは、色が一役買っています。

 

カフェで、柔らかく膨らんだ新芽の木々を眺めながら春待ちの季節をどうぞお楽しみ下さい。