Loading...

iroherb

iroherb-map facebook インスタグラム
diary

こんにちわ iroherbです。

 

朝晩は寒気の影響もあり、また寒くなりましたが

昼はあたたかな日差しが気持ちよかったですね。

日もおちるのが、少しずつ伸びてきた気がします。

 

 

2月11日(土)、まだお日様のある16時半より

「カカオ豆から作る手作りチョコレート」のイベントが開催されました。

 

今回のイベントの講師はiroherb cafeの津田

170211-182523

cafeで行うはじめてのイベントでしたので

スタッフも終始どきどきなイベントでした。

 

170211-171128

イベントは、カフェの奥側にて行われました。

 

当日の制作の過程はこんな感じ

——————————————————————————————————————————

 

①焙煎             ②皮むき before                  ➡    after

170126-180953 170126-182041170126-184028

③すり鉢でする。ある程度溶けてきたら湯煎を加え、ひたすらする。

170126-190222170211-180318170126-191250

④シリコンにいれる➡冷却   ⑤できあがり

170211-191156        170126-194152

 

——————————————————————————————————————-

 

見るだけだと、簡単そうに見えますが…

作業は実は体力勝負‼

特にすり鉢での作業は2人1組で行われましたが、60~80分かかりました。

 

170211-174126 170211-174113 170211-174436

途中から

疲れて本当にチョコレートになるの?とだんだん不安になるのですが

ひたすら混ぜるのみ( ..)φ

すると、油分が段々でてきます。

更に混ぜていくと、徐々に滑らかに…

 

ここからあとは皆さま妥協がありませんでした!!

ツブ感がなくなるまで、ひたすら混ぜる➡湯煎➡混ぜる

 

170211-175247 170211-174342

 

スタッフもお手伝いしながら

 

170211-182742  170211-180746

和気あいあいとした空間でした。

22222222

体験するとわかる

大変さ、感謝の気持ち、そして、疑問や興味。

今回使用したカカオ豆は、インドネシア産のカカオ豆。

試食で出していたチョコレートは、前日にシェフの津田が作っていた

タンザニア産のカカオ豆です。

お客様で気づかれた方はいらっしゃったかな?

比べると、酸味が強く

産地によってやっぱり味わいも変わりますね。

 

 

イベントでは最初にカカオ豆についてのお話も行いました。

作業工程の関係で、すべては話しきれなかったカカオ豆のお話し。

また来年リベンジできたらいいな。

kakaopod

 

こうやってつくられている背景を知ると、また見方が変わりますね。

今回のイベントをきっかけに

お客様にとって、チョコレート・カカオ豆のこと、素材のこと、食べること、つくること

くらしの中のなにかに興味をもち

楽しむきっかけになれたら

わたしたちスタッフは嬉しいです。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

170211-194039

 

PS.

前回のブログでもご紹介しましたが

カカオ豆からつくるキットまだショップに在庫ございます。

残りわずかですので、気になる方はお早めに